• ホーム
  • カルバトールと脳梗塞と意識障害について

カルバトールと脳梗塞と意識障害について

多色なカプセル

人間の脳の中では、神経細胞が電気信号を使ってネットワークを作っています。
しかし、何らかの原因により、電気信号に異常が出ることがあります。
電気信号に異常が出ると、急に意識を失ったり、痙攣が起きたりします。
このような発作が繰り返し起こることを、てんかんと呼びます。

てんかんは、幅広い年齢層で発症します。
てんかん患者の8割は、18歳になる前に発症すると考えられています。
しかし、最近は、高齢化社会の影響を受けて、脳梗塞や意識障害、脳出血などに伴うてんかんの発症も増えています。
てんかんの症状を起こした患者が病院に運ばれてきた場合、病院では様々な検査をします。

重要な検査のひとつが、脳波を調べる検査です。
頭に電極を付けることで、脳内の電気信号の乱れを検出します。
MRI検査やCT検査を行うこともあります。
画像検査によって、脳の中に脳梗塞、脳腫瘍、脳挫傷などがないかを調べます。

また、脳細胞の働きを調べるために、脳細胞の活動を画像化する検査を行う場合もあります。
血液中のカルシウムやナトリウムは、減少すると痙攣が起こりやすくなります。
そのため、血液検査を行って調べます。
患者がてんかんの治療薬を服用している場合は、副作用のチェックも一緒に行います。

現在のてんかん治療では、カルバトールなどの内服治療が中心で、多くの場合、1種類の内服薬で治療を行います。
しかし、中には1種類の内服薬ではコントロールが効かない患者もいます。
そのような患者には、複数の内服薬を使って治療を行っていきます。
カルバトールは、脳の神経が過剰に興奮するのを抑えます。
カルバトールはジェネリック医薬品なので、安い価格で購入することができます。

関連記事